array(0) { } array(0) { }

春の似合わせヘアスタイル

    LINE twitter facebook link

こんにちは!

高田馬場駅にある美容室BASSA(バサ)スタイリスト 伊藤 映理です。

3月1日

花粉症の症状がバッチリ出てきている今日この頃。

本日も似合わせについてご紹介して行きたいと思います。

季節は春に向けファッション軽やかになってきましたね!今日は春ヘアカラーについて。

 

 

似合わせヘアカラーの魅力について

①顔色、お肌が綺麗、良く見える!

②顔がシュッと引き締まって見える!!

③どう見えたいか、女性像(かわいい・クールなどのイメージ)をより表現できる

という事は・・・。

似合わないヘアカラーは??!

お肌、顔色が悪く見えたり・・お顔が膨張して見えたり・・・可愛く見えたいのに何だか洋服やメイクがしっくりこないなー?合わないな??

という事もあるんですね!

もちろんお仕事をされているお客様ですと会社で決められているルールなどもあると思います。

それらを考慮しならが素敵!似合う!!春の似合わせヘアカラーをご提案させていただきます。

BASSA(バサ)では似合わせカット、ヘアカラーをご提案させて頂いておりその一つとしてパーソナルカラー診断のメニューがあります。

 

みなさんはパーソナルカラー診断をされた事はありますか?

最近ですとネットや雑誌などにパーソナルカラー診断を元に色々な特集が組まれていたりするのを良く目にします。

しかしそのようなタイプは自己診断型が多いためどうしても自分の好み、感情が優先されてしまうためにしっかりとした診断が出来ない事もあります。

そうならない為、せっかくパーソナルカラー診断をされるのであれば是非きちんとした診断をオススメ致します!!!

 

BASSA(バサ)でおこなっているパーソナルカラー診断は2種類の似合う色を診断する事ができます。

【ファーストカラー】

顔の色が良く見える、もしくはまったく変わらない、肌に一番馴染むカラー

【セカンドカラー】

顔の色が良く見える、女性であればかわいいよりもより綺麗に見せたい場合など自分をアピールさせたい時に活用できるカラー

 

 

元々パーソナルカラーとは1970年代にアメリカで誕生しました。

80年代に日本へ上陸、ファッションの新分野として注目されました。

パーソナルカラーとは人が持って生まれた目、肌、髪の色であり、個性を引き立てて自分を美しく見せてくれる色の事です。

これは本人の好き嫌いにかかわらず、客観的に決まります。

どのような感じの色が似合うかを判断し系統別に分類する方法で、基本的には四季に例えて春(スプリング)、夏(サマー)、秋(オータム)、冬(ウインター)の4つのグループに分類しています。

この四季名春の日本人にとっては季節そのものの印象がダイレクトに伝わる傾向があり、診断を受けた人もその季節のファッションアイテムが似合うもの、ととらえるケースも少なくありませんでした。

そこでスタイリングの目的を果たす為に【似合う色】を広くとらえ、同時に【似合わない色】も分析するようになりました。

ですがあくまでも似合う色だけがよく、似合わない色はダメという訳ではありません。

自分の顔の近くにどんな色があるとどう顔は変わって見えるのか?を自分自身で目で見て体感しそれをどの様に活かすのか?これが大切になりますし楽しみでもあります!!

さあ、新しい季節どんなヘアカラーで楽しみましょうか?

想像して見て下さい!

ワクワクしますよね!!

ぜひご来店心よりお待ちしております。

 

BASSA(バサ)高田馬場 伊藤 映理

 

 

 

この記事を書いた人

BASSA高田馬場店
クリエイティブディレクター
    LINE

お客様の悩みを解決するとともにお一人お一人の魅力を最大限にいかしたヘアスタイルをご提案致します。ヘアスタイルだけではなく、お肌ケアやに悩んでいる方・毎日の健康の秘訣なども相談にのらせて頂きます。DANKSアップコンテスト優勝 東京ガールズコレクションヘアメイクサポート

指名予約はこちら